FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボヘミアンラプソディ

半年ほど前から職場のNさんとの会話が増えるようになった。


Nさんは映画好きだ。

話してるうちに『仁義なき戦い』の大ファンだということがわかった。


言わずと知れた日本映画の金字塔的作品。

話してると実は『仁義なき戦い』の大ファン、というパターンの知り合いが俺には多い。

「『狐狼の血』観ました?」とNさんに訊かれたが、その時俺は『狐狼の血』が映画になってるのすら知らなかった。

小説の方は偶然にも既に読んでたので話は盛り上がった。


柚月裕子というヤクザ映画好きの女性が書いたとっても面白い小説で、
『仁義なき戦い』の流れを引き継いでいる。

映画としては『仁義なき戦い』全5作を観て、『県警対組織暴力』を観て、『狐狼の血』を観れば王道だろう。



11月になって『狐狼の血』のDVDが発売され、速攻で購入したNさんはすぐに俺に貸してくれた。



自他ともに認める映画ファンだと自惚れてた俺だが、
最近公開してる映画のことが全くわからないようじゃ話にならんなぁ、と反省し、
Nさんとは新しい映画の話も積極的にするように心がけた。




「『ボヘミアンラプソディ』、流行ってるみたいですね。」と言われたが、
例によって言われるまで知らなかった俺。

全然反省してないじゃん。。。


調べてみたら、フレディマーキュリーに重きを置いた「楽曲・ボヘミアンラプソディ」ができるまでの
クイーンの伝記映画とのことだった。

クイーンは嫌いではないがファンというほどでもない。が、

『ボヘミアンラプソディ』が入ってる『オペラ座の夜』という5枚目のアルバムまでは
高校時代にコッテリと聴いてたので、一見したくなった。

クイーンとの出会いは『キラークイーン』からで、
カセットテープにラジオからエアチェックするという時代のど真ん中だった。

当時中学生だった俺のテープには『キラークイーン』と『年下の男の子』が一緒に入ってたっけ。




映画の最初で初めてフレディマーキュリーが歌う「Keep yourself Alive」。クイーンのデビュー曲。



さて『ボヘミアンラプソディ』を観た感想。。。


クイーンファンなら観るべきでしょう。

クイーンのことをあまり知らない人が観てもいいかもしれない。

中途半端なのは、曲やクイーンの諸々のことを下手なファンより詳しい、
変なこだわりを持った奴(俺のこと)が観た場合だ。

『ボヘミアンラプソディ』というタイトルなんだから、もっとこの曲を徹底的に掘り下げて欲しかった。

クライマックスを『ボヘミアンラプソディ』でなく、ライヴエイドに持っていってたのが
個人的にはピンと来なかった。

『ボヘミアンラプソディ』じゃなく『フレディマーキュリー』というタイトルにした方が良かったんじゃないの?


俳優はみんな似てました。

フレディマーキュリーが一番似てなかったかも。


こうやって観てみると、ロックバンドとしての一括りとは言うものの、
ビートルズからストーンズ、クリーム、ツェッペリン、クイーンと
それぞれ全く違うジャンルの音楽だなぁ、とつくづく思うのは俺だけだろうか。。。


個人的には『Keep yourself Alive』と『Love of my life』のシーンが良かったな。


それにしてもクイーンというバンドは、スタジアムがホントよく似合うバンドだ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。