FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山谷ブルース

IMGP9164_convert_20181022073606.jpg
10/19AM6:30、十勝連峰~トムラウシは真っ白だった。




10/21、京都競馬場では菊花賞、俺は札幌。


昼頃からPM17:00まで時間を潰す。



まずは京都イノダコーヒ札幌支店に行って『アラビアの真珠』を飲む。

創業以来イノダコーヒといったらこのブレンドらしい。

俺はモカをあまり好まないが、モカベースのこのコーヒー、
十分にコクがあり「へぇ~、なるほど。。。」と満足できた。

ホットコーヒー一杯581円、まぁイノダ税も込みといったとこか。


                 IMGP9168_convert_20181022073818.jpg






菊花賞とブラジルカップの2Rだけを買いに場外に行く。

入り浸っていようかと思ったが、さすがG1当日だけに人が多く、
馬券だけ買って退散した。


                 IMGP9187_convert_20181022074638.jpg






東京に行ったらかなりの確率で神田・御茶ノ水界隈に行く。

本と音楽と山の店が集中してるので、ここにいれば俺は一日楽しめる。

札幌でも、行ったら必ず立ち寄るCDショップがある。いや、あった。

それなのに今回、、、、タワーレコードはどこに行ったんだ?

いつもの中古レコード屋はどこに行ったんだ?

もうCDや、ましてはレコードを聴く時代ではないのか?

煙草片手にのんびりコーヒーを飲みながらレコードの針を落とす、
そんな当たり前だったスタイルを確保するのが難しい世の中になってしまったのか。。。

俺の生き方が、年々、外へ外へ追いやられてる気がしてならない。




                 IMGP9171_convert_20181022073942.jpg
                  道庁赤レンガ。



                 IMGP9176_convert_20181022074301.jpg
                  時計台。



                 IMGP9184_convert_20181022074430.jpg
                   テレビ塔。




穏やかな秋晴れの下、名所巡りをした。

いまさら、って感じで、カメラ出すのが恥ずかしいくらいだった。

でもまあ、たまには馬券所にこもってるよりは良かったんじゃないかと。





                 IMGP9173_convert_20181022074118.jpg




PM17:00から道新ホールで一夜限りの岡林信康ライヴ。

この日の俺のメインイベントです。

特に大ファンというわけでもなく、曲も5曲くらいしか知らないが、
生ギターをかじってれば必ず絡んでくる人物で、
『死ぬまでに一度は生で聴いてみたいミュージシャン』リストに入ってる一人だったので。


ステージに現れた瞬間、「ああ、岡林だ。。。」ってかんじで、
ボブ・ディランを見た時と似た感覚だった。

ギターは上手いとは思わなかったが、さすがテリーズテリー、いい音してたわ。

欲しくなっちゃったなぁ。。。150万あれば買えるか。。。

ライヴ自体はボブ・ディランの10倍良かった。


72歳のフォークの神様、圧倒的な存在感だった。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

岡林良かったんですね!72歳か、小室等は75歳だったはずだし、今からテリーズテリー買ってもいいんじゃないですか?

ikeさん

コメントありがとうございます。

客の年齢層が俺のコンサート史上最高で、
隣に座った券売ったおばちゃんが、脳梗塞だのムチウチだのの話で盛り上がって、
あと30歳若ければ朝までつきあえたのに、なんて思いました。

馬券で大大当たりしたらT'sT、買います。


プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。