FC2ブログ

冬の華

我が家のここ最近の朝の気温は-10℃前後だ。

この時期のこの気温が寒いのか暖かいのかはよくわからない。

早朝の正確な温度計の気温より、
毎朝6時頃の犬の散歩時の体感の方に重きを置いてるので
俺が「今日はいつもより寒いなぁ。。。」と思ったら寒い、ということだ。



                  IMGP2243_convert_20171230110346.jpg



今朝はキリッと寒かった。


樹々から舞った粉雪が朝日に反射して、華、を見せる。

簡単に言えば、ダイヤモンドダスト、ってやつだ。

でもダイヤモンドってより、華、の方が俺はしっくりくる。


トマムスキー場では、この雪の華を採取して透明の板に挟んだ
オリジナルキーホルダーを作ってお土産にできるらしい。

俺はトマムのマワシモノではないが、興味のある方はどうぞ。



IMGP2257_convert_20171230110535.jpg
まだまだ雪が少ない。狩勝山。12/30/AM8:00。



以前から言ってることだが、
俺は一般の登山者ほどピークにはこだわらない。

だから「撤退」はあっても「敗退」という考えはほとんど無い。

「次回」また登ればいいじゃん、という切り替えはものすごく早いと思う。

まぁ、ただの根性なしとも言えるけど。


だがそうは言うものの、今年の山行は「撤退」が多すぎた。

99%が最終目標まで行ってないんじゃないのか?

予定通りにことが運んだのは2月のタケノコ山くらいか。

今年は反省するほど山に行ってないけどな。


というわけで、今年の俺の漢字一文字は、『次』、かな。



                  IMGP2254_convert_20171230110434.jpg




今年のベスト山行は何だったろうと振り返ってみても、
これといった山に登ってない。

強いて挙げるなら、一月の屋久島・宮之浦岳か。

登頂はできなかったが、あの南国での吹雪の避難小屋に30年ぶりの仲間と一泊というのは、
親交を深めるにおいて、二度とないシチュエイションだったろう。


ついでに書くなら、
今年のベストレースはキセキの菊花賞、と言いたいところだが、
グレーターロンドンの安田記念か。

ベストアルバムはジェームスブラッドウルマーの『BLACK ROCK』。
次点が竹原ピストル『BEST BOUT』。
古くは上條恒彦、そして河島英五と柳ジョージ、さらにブルーススプリングスティーンの
流れを汲んでる竹原ピストルの今後に期待したい。

ぜひ一度、ライヴを見てみたいもんだ。

ベストBOOKは和田城志の『剣沢幻視行・山恋いの記』。
次点が宮城公博『外道クライマー』。
特別賞に『ハゲ川柳』。

「寒暖が 直接伝わる ハゲ頭」
「育毛剤 売ってる旦那 つるっぱげ」


今年もいろいろありましたが、
こんな自分勝手なブログを一年間読んでいただいて、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私も安田記念のグレーターロンドンですね。あの末脚を必ずもう一度拝まないとオサマらない、そんな気持ちです。

次にあげるなら、10.1スプリンターズSのレッドファルクスです。
跳んできました!

yoさん

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、あの末脚をもう一度、です。

次点はやっぱり生で見た毎日王冠ですかね。
来年もまた何とか東京競馬場で生観戦したいものです。

今年はたくさんのコメント、本当にありがとうございました。

来年、競馬場か場外か、はたまたどこかで会えるのを楽しみにしています。

No title

竹原ピストルは紅白に出ますが、三上寛はNHKBSには出たけど紅白には出ませんね。羽幌町出身の、みのや雅彦「冬の花」良い曲です。

Ikeさん

コメントありがとうございます。

マイブームはみのや雅彦ですか。

きのうマコちゃんが蕎麦持って遊びに来ました。

紅白歌合戦はいつから学芸会になってしまったんだろう、という話をしました。
菅原洋一が出てた頃は良かったと。。。

あいつ、俺より一回り以上若いのに音楽観は似てるんだよね。

近所に友達いないし。
プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク