FC2ブログ

一人酔い

                 IMGP2217_convert_20171210172732.jpg



北海道だけなのかどうかはわからないが、
クロスカントリースタイルの細い板と運動靴もどきの短靴で平地の起伏を歩くことを、
歩くスキー、と言っている。

一般的には、クロカン、で通用すると思うが、
歩くスキーという呼称は何かこうグッとハードルを下げた、誰でも出来ますよ、的な空気があって俺は嫌いじゃァない。



この週末、滑りたくて滑りたくてしょうがなかった。

でもまだ、部分的にしかオープンしてない近場のスキー場に金を落とす気にはなれず、
裏山の冬季閉鎖された林道を、装備のチェックを兼ねてシールを貼ったテレマークで歩くスキーをした。

ちなみに日勝峠は、日曜日は工事が休みで駐車帯に車を駐めることはできたが、
まだブッシュブッシュで全然滑れなかった。


2日続けて、違う場所で違う板とシールとブーツで歩いたが、まあ視界良好。


今はもう絶版となった名靴、スカルパT4。

改めてスグレモンだと実感した。

なんでこういった逸品がどの分野でも消えてなくなってしまうのだろうか。

ハスクバーナの254しかり、
ABUカージナル33しかり、
カワサキZ1しかり。。。

この歩行重視のブーツで連日ニセコの2壁を攻めて骨折してからもう5年も経つんだから、
時の流れは歳をとればとるほど早く感じるものだ。



今現在、俺は登るより滑りたい。

ラクしたい、ってことなんだろう。


                  
                 IMGP2211_convert_20171210172859.jpg




林道のカーブに立ってるミラーに写った自分を撮影、って別に珍しいことじゃない。

柳ジョージ&レイニーウッドのセカンドアルバム(だったっけ?)の裏表紙を意識したんだけど。。。



                 
                  IMGP2213_convert_20171210172953.jpg



見逃せない競馬が続く限り遠出はできない。

「あとで動画で観ればいいでしょ?」とよく言われるが、
「サッカーのワールドカップを録画で観てもしょうがないでしょ。」と
俺は言い返す。

リアルタイムで応援することに意義があるのです。



キセキもマウレアも勝てなかった。

マウレアは今回の阪神JF3着は本番の桜花賞には良かったと思う。

キセキに関しては、
ジャパンカップのキタサンブラックと同様に、
前走の不良馬場でのレースの影響が残っていたような気がしてならない。

菊花賞・天皇賞組が次走のレースでそろって直線で伸びを欠いているのを見ると、
人が考えてる以上に、馬はどろんこ馬場のダメージを受けていたんだろうな、と思う。

12/17のグレーターロンドンが心配だ。


P.S   今回のタイトル『一人酔い』は、たまたま柳ジョージ&レイニーウッドの
     セカンドアルバム(だったっけ?)を聴きながらブログをアップしてたので、
     アルバムの中の曲名を使っただけで、本文とは何も関係ありません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ソシアルクラブの伸び脚がありませんでしたね
前走が跳んでると感じた末脚だったので残念
ロックは来ないと思っていたので正解でしたが、三連単3頭ボックスで、マウレアかソシアルかとさんざ迷って、1走ながらソシアルの跳ぶような走りに賭けて負けました
チョイスにディープ産駒がいないのはミスでした

グレーターはまずは出走出来る状態なのかとほっとしました
オープンに戻したことで、来春のGレースへの布石かとは思いますが、ディッセンバーは勝つと思っています
中山金杯辺りからかなーと楽しみにしています(^^)
香港といえども近くて遠い海外レース
マカヒキの凱旋門以来、海外馬券は買っていません
来年の日本でのキセキに期待です

退屈を知らないブラダマンテさんと違って、動物以外に興味のない私(本当か?(^^))は、ギャンブラー体質でもないので、ひたすら過去レースを見ながら、走るんじゃなくて、とんでる子に賭けています

yoさん

コメントありがとうございます。

なるほど。跳んでる馬ですか。
ディープインパクトが有名ですよね。

個人的に好きなスタイルは重心の低い馬かな。
頭の位置が低いってことはストライドが大きいってことで、
一流のハードルランナーみたいな感じです。

ソウルスターリングの走りは俺好みじゃありません。
ナリタブライアンとかカッコ良かったし、グレーターロンドンもカッコイイです。
ディッセンバーSは勝って当たり前なのであっさりクリアして欲しいですね。

JFの馬券はリリーノーブル買ってなかったんでダメでした。
でも遊びで買った香港カップの3連複が1000円以上もついたのでラッキー。

俺は人生そのものがギャンブルなので、競馬はしょせん遊びの範疇です。

たかだか2分弱のレースに何日も前から全知全能を注ぎ込んで、
100円馬券で毎週絶叫してるなんて、なんて素敵な趣味なんだろう、って思いますよ。


誘われて平和島競艇に行った事があるんですが大して興味がわかなかったんですが、競馬は最高の趣味になりましたねー。

妹が、勝つ人は情報をいっぱい持っている人でもなく、勝負(ギャンブル)を知っている人なんだよって言うんです。(*☻-☻*)
私はせっせと情報収集に勤しみますが、勝負勘がないように感じます。(^^)
ダメだコリャ ですね。でも楽しい!

yoさん

おっしゃるとおりで、馬の知識と馬券は比例しません。

逆に変な知識があるがために、取れる馬券も外してることのほうが多いかも。

この世になくても誰も困らない、虚業とも言える競馬ですが、
一頭のただの馬が、背中に人を乗せることを教わり、レースで走るまでの
過程を現場で見てきた俺は、関係した馬がG1に出るというのに
人気がないからといって馬券から外す気にはなれません。

馬券に情は禁物ですが、まあ悔いはないです。

長くなるのでやめます。

いつの日かyoさんとゆっくり競馬談義をしたいですね。



プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク