FC2ブログ

東京競馬場

足元に不安を抱えたグレーターロンドンという馬の関係者は、
一回一回のレースが「もしかしたらこれが最後。」という想いで
レースに臨んでいるような気がしてならない。

相手がどんなに強かろうが、自分の体調さえ良ければ惨敗はしない、
あくまでも毎回が自分との戦いになる、そんな馬だ。

ソウルスターリング、マカヒキ、ワンアンドオンリー、サトノアラジン、
それとリアルスティールのG1馬5頭も出走する毎日王冠GⅡ、そんな、たった1分45秒のレースのために、
グレーターロンドンの勝ちを信じて、北海道から東京競馬場に行ってきた。

                

                IMGP2061_convert_20171009172424.jpg
                  トキノミノル先輩に乾杯。



正午過ぎに競馬場到着。

毎日王冠しか買うつもりはないので、ビールを飲みながら場内を散歩した。



                IMGP2058_convert_20171009172515.jpg
                   ウォッカに乾杯。



                     _20171008_150355_convert_20171009173700.jpg
                      名物、大穴ドーナツ。



PM15:00頃から3階のテラスでパドックを待つ。

隣にいた若い男女二人連れが語っている。
「やっぱマカヒキかソウルよね。」
「リアルスティールもデムーロだから買いだな。」
「グレーターロンドンはいらないわね。」

黙って聞き流そうと思ってたが、その一言でスイッチが入ってしまった。

「おねえさん、グレーターロンドン買わないの?」
「えっ!?」
「今日俺、グレーターロンドン一頭のために北海道から東京まで来たんだわ。馬単、3連単1着固定で勝負だよ。」

横にいた彼氏が
「マジっすか。わかりました、俺も買います。」

関係ない若者に一言言ってしまう俺は、まだまだ人間ができてない。



IMGP2069_convert_20171009172619.jpg


                          IMGP2070_convert_20171009172714.jpg
                          やっと会えたな、グレーターロンドン。



4コーナーから直線に向く場所の最前列の手すりから、身を乗り出してレースを待つ。


PM15:45、いよいよ発走。


逃げ馬がいないのでソウルスターリングが先頭に押し出された。

グレーターロンドンは定位置の後方待機。

ペースはなんぼか早いのか、でもまあいいペース。

4コーナーを回るときもグレーターはまだ後ろ。

直線向いて田辺がグレーターを外に出した。

先頭まではまだかなり離れてるが、これがこの馬の定位置なので慌てない。

ここからよーいドン。

「たなべ~、たなべ~」と連呼、絶叫。

ターフビジョンと見比べながら絶叫するが、前を行くサトノアラジンとリアルスティールの脚も良く、
なかなか差が詰まらない。

「ダメだ、届かない。。。」

ハナ差の3着だった。


メンバー中最速の32.8の上がりタイムだったがダメだった。

でも見事な見事な走りでした。


レースが終わって力を使い果たし、一気に疲れが出て座ってる俺に、
「お父さんの声、田辺に届いたかな。」
と、娘が言った。

「届いたからハナ差の3着になったんだろ。」
と返事するのが精一杯の俺だった。

次走のことは考えず、とりあえず馬体回復に努めてください。

東京まで行った甲斐がありました。

素晴らしいレースをありがとうございました。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

投稿お待ちしておりました。
お陰様で私も府中に行っていた気分になれました。

錚々たる戦歴のメンバーの中でグレーターロンドンがどこまでやれるか、まだ不安視する声もあったと思います。
しかし、この子は裏切らないですね。
凡走しないんですね。
到底間に合わない、画面にいないと思ったら、大外から馬券内に食い込んできました。

是非是非、実力の裏付けにタイトルが欲しいと思います。
ご無事に次走を 祈!

リアルスティールの復活は嬉しいです。

馬券はリアル、マカヒキ、グレーター、ソウルの4頭の三連単ボックスで外しました。
アラジンとソウルで迷いましたが、あまりの人気に負けたーアラジン58だったし。

馬肥ゆる秋、読書の秋(血統のお勉強)、G1の秋、楽しい秋です! (o^^o)

yoさん

コメントありがとうございます。

負けたけど心地良い後味に今日一日酔ってました。

やっぱりリアルとアラジンのG1馬2頭は強かったです。
あれがG1馬の底力なんだなぁ、と思い知らされました。
特にサトノアラジンは2kg重いのにグレーターロンドンと同じ最速の上がりでしたから、
かないません。完敗です。

グレーターロンドンの次走は何に使ってくるんでしょうかね。

とりあえず、甥のキセキに菊花賞頑張ってもらいたいです。

プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク