FC2ブログ

黒岳

IMGP1536_convert_20170504173139.jpg
黒岳への道中から見えるニセカウ方面。5/4/AM9:30。



天気はいいが風がハンパなく強い日が続くGW。

強風予報と個人的時間の制約の合間をぬっての山行計画に、ここ数日頭を悩ませていた。


結論として、
夏道のない2000m以上の山に登ってみるか、ということになった。

強風の場合は即時撤退、ということで。

候補として、大雪山系の後旭岳、熊ヶ岳、烏帽子岳、凌雲岳、の四つが挙がった。

どれもロープウエイから始まる怠慢ルートだが、
夏は登れない(登れないわけではないが)というのはかなり魅力的だ。


まずは5/7でリフトが一旦運休になる黒岳ロープウエイに走ることにした。



AM7:00に駐車場に着くと、冬の職場で一緒だった舎弟のWが、ロープウェイの駐車場係でウロウロしてた。

夏は黒岳にいたんかよ。

「山頂は風強いんか?」
「いや、今日は吹いてないっすよ。」
「山頂から石室まで、雪はつながってるんか?」
「まだ雪はたっぷりありますよ。大丈夫じゃないっすかね。」



ロープウェイ~リフト、と乗り継いでリフト降り場7合目をAM9:15スタート。


                 IMGP1529_convert_20170504172936.jpg
                  まねき岩。だっけ?


20人くらい登ってたかな。

ほとんどが単独行。


もう雪はザクザク。

まねき岩の下50mくらいまでシールで登ったが、休憩がてらシートラに変更。

ツボ足の方がはるかに登りやすい。


それにしても暑い。

帯広は最高気温が29℃だったらしいが、黒岳の斜面も20℃近くあったんじゃないの?



IMGP1532_convert_20170504173038.jpg



山頂は強風。

15mと言ったとこか。

石室までも滑っていけるほど雪はつながってなかった。


あのバカ、大嘘つきやがった。


山頂から石室方面に5人ほど降りてったかな。

テン泊装備をしてたようだが、この強風の中、テン泊する気なのだろうか。



IMGP1537_convert_20170504173225.jpg



ザクザクの湿雪を足パンパンになりながら、どうにかこうにか降りてきた。

俺の技術でこの雪は辛い。

こうなると滑ってて楽しいとは思えなくなる。


結局、最低目標の黒岳登頂だけに終わった、不完全燃焼な今回の山行だった。


次は、風のない気温の低い日に行く事にしよう。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク