FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケノコ山

IMGP1384_convert_20170228151233.jpg
スタート直後、白樺の間からタケノコ。2/28/AM10:15


山スキーを始めたばかりの頃、行ってみたい山をいくつかピックアップしたもんだが、
そのまんま未だに行ってない山がいくつもある。

昨年、狩振岳・ペケレベツ・下ホロカメットクと立て続けにやっつけた3つも
「ピックアップしたけどまだ行ってないシリーズ」の山々だった。

特徴としては、標高は高くないが地味に名山で地元では有名な山、ってとこかな。

タケノコ山もそんなシリーズの中の一つだ。

                 
                 IMGP1391_convert_20170228151350.jpg



最近、冬道の運転に疲れ果ててる。

休みの日くらい本当は家でゴロゴロしていたい。

それなのに天気が良いとなるともうジッとしていられなくなり、
とりあえず軽く写真撮って温泉にでも入って帰ってこよう、なんて思いながら家を出る。


                 IMGP1392_convert_20170228151446.jpg



冷えからくるあっちこっちの古傷痛を抱えた体に鞭打ってAM9:00に家を出た。

タケノコの登り口は最終人家前に車を停めてAM9:50スタート。

除雪された林道を少し歩くと、狭い駐車帯が有り、車が1台停まってた。

そこから本当の登りになり、インナーとニット帽を脱ぎAM10:10に歩き始める。



IMGP1393_convert_20170228151532.jpg
芦別岳。


相変わらず登りが辛い。

こんなに辛いなら来なきゃいいのに、と毎回のように自問自答しながら登ってるが答えは見つからず、
結局今日もまた登っている。

タケノコ山頂まで約1時間半、たったの1時間半だよ。

行きの道中、車で聴いていたボブ・ディランの『天国への扉』が、頭の中でリフレインする。


IMGP1396_convert_20170228151627.jpg
山頂まであと10分。


正午前に山頂到着。

休憩時間入れて1時間45分、やっぱりコースタイムどおり1時間半だった。



60歳オーバーくらいの4人組が山頂でくつろいでいた。

「おひとりですか?」と訊かれたが、
どっからどう見てもひとりだろ、と言おうとして言わなかった俺はやっぱり大人だ。

しばらく話をして4人は滑って降りてったけど、
あの歳になって、滑れる仲間と平日の雪山にバックカントリーで遊べるなんて、、、いいよなぁ。。。



IMGP1399_convert_20170228151733.jpg
ああ、タケノコ山頂からトマム山が見えた。結構近い。



体に鞭打って来て良かった。

タケノコ山、もっと早くに来ればよかった。

山頂からの眺め、下りの滑走斜面ともに標高1039mとは思えない素晴らしさだった。

この標高にしては珍しい深雪の急斜面、究極のワンターン主義の俺としては想定外の満足でした。

来シーズンは深雪パウダーのノートラックを狙いたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

タケノコの大斜面!滑ってきたんですね。

いい斜面ですよね。

また滑りにきたいっ!って思いました。

PS

先週末の大雪で、旭岳スキーコース周辺の積雪が増えてコース外はムフフな状態でしたヨ。


ウッチー

コメントありがとうございます。

タケノコ行ったことあるんだ。

何のことはない、三段山に行こうとして面倒になってタケノコにしたのです。

いつもはその逆で、タケノコ行くならもう1時間走れば三段山なので
タケノコにはなかなか行けなかったのです。

でも行って良かった。

天気が安定したら旭岳行こうと思ってます。
プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。