FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多・別府

行きは屋久島まで最低速フェリーで13時間かかったが、
帰りは高速船トッピーで2時間で鹿児島に戻ってきた。

フェリーターミナルからJR鹿児島駅までザック背負って歩きながら見た桜島は美しかったなぁ。

IMGP1208_convert_20170126202344.jpg


列車で仲間の住む都城へ向かう。

列車から夕陽を見ながら、毎日北海道のスキー場の雪山から見る夕陽と同じ太陽なのが妙に不思議だった。

鹿児島の方が日没は1時間半ほど遅いけど。


都城のシュンちゃんに地元料理と焼酎で手厚く接待され、
前夜0℃だった避難小屋から一夜にして天国のような温泉宿で、俺とSYはボロ雑巾のような眠りについた。

全国どこへ行っても素敵な仲間がいる俺は、本当に幸せ者です。



今回の旅の目的は、博多と別府二泊三日のある集会に参加することであり、
屋久島や都城のここまでは、ついでの行動、である。

ブログネタになるのもここまでかな。



その集まりとは関係なく、個人的にどうしても行きたかった博多『照和』。

今はたまにしかライヴをやらない喫茶店になってたが、
陽水やチューリップ・甲斐バンド・海援隊・長渕などそうそうたるメンバーが巣立っていった伝説のライヴハウスだ。

                 IMGP1212_convert_20170126203723.jpg
                  SYとシュンちゃんの3人で飲んだ『照和ブレンド』は美味かった。



IMGP1221_convert_20170126203827.jpg
太宰府では梅が咲いてた。



1/24、大分空港から九州の地を離れた。

生涯の仲間25人との再会は夢のような時間だった。

持つべきものは友だよな、と黄昏ながらPM16:30もうひとつの生涯の仲間達が待つ横浜・関内に到着。

大分~帯広の直行便がないための寄り道だが、この道草もとっても素敵だった。

俺の誕生日前夜パーティー、ありがとうございました。

ワインボトルの寄せ書きは一生の宝です。



健康な体と素敵な仲間がいれば、俺はもう何もいらない。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。

                IMGP1240_convert_20170126203925.jpg



P.S  1/25の夜、北海道の我が家に帰ると、部屋にバラの花束が置いてあった。
     「俺の誕生日に誰かが気を利かせて。。。」
    
     花束は娘のだった。

     俺と誕生日が一緒の娘、一週間留守にしてる間に彼氏ができたらしい。

     「恋人もいないのに、バラの花束・・・」ともうからかえなくなってしまった。

     俺も恋人つくらんとな。

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

屋久島

宮之浦岳に登頂できなくて、ちょっと残念でしたね。
でも、素敵な仲間に囲まれて、うらやましいですよ。
それにしても、タイトなスケジュールですねー。
さすがサイトウさん。

hさん

コメントありがとうございます。

登頂できなかったのは自然の成り行きに任せた結果なので悔いはありません。
縁があればリベンジできるでしょう。

山登りは疲れたら早く寝るだけだけど、連日の飲みはそうはいかない。

飲んで飲まれて三日目の夜は気を失いそうになるくらい辛かったけど、
そこを乗り越えたらまた弾けることができました。

わかっちゃいるけどやめられない。

No title

『昭和』行ってきたんですね!ライブハウスの面影はありましたか?いつか行ってみたいですね。

Ikeさん

コメントありがとうございます。

昭和ではなく、照和です。
俺も昭和だと思ってました。

店内には陽水が流れ、大物のサインが壁にたくさんありましたよ。

ステージは小さかったですがギターは置いてなかった。
あったら一曲弾いちゃおうかなんて思ったりもしてたんですけど。。。
プロフィール

ブラダマンテ

Author:ブラダマンテ
登って下って飲んで寝る。
起きて釣って飲んで弾く。
そして週に一度馬を買う。
俺の辞書に退屈の文字は無い。
by RyugoSaito

sugarmountain-z1@ivory.plala.or.jp







































人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。